【史上最高】上手いと思うギタリスト

【史上最高】上手いと思うギタリストのランキング

投稿日: | 閲覧数:1414ビュー

布袋 寅泰や雅-MIYAVI-などの日本のギタリスト、ジミ・ヘンドリックスやキース・リチャーズなどの世界のギタリストを徹底ランキング!ロックやメタルなどジャンルは問いません。あなたが上手いと思うギタリストにぜひ投票してください。
※ ここに掲載されていない上手いと思うギタリストがいましたら、ぜひコメントで教えてください。

1

6

3

高崎 晃 / Akira Takasaki

評価:67%

高崎 晃(たかさき あきら)は1961年2月22日生まれ、大阪府出身のギタリスト。中学生でギターを始め、高校の時にはギターが上手いことで有名になっていた。1977年に同級生の影山ヒロノブ、田中宏幸らと結成したロックバンド「レイジー」でデビュー。1981年にレイジーが解散。その後、レイジーのドラマー樋口宗孝と共にヘヴィメタルバンド「LOUDNESS」として活動をスタートする。また2000年からは個人プロジェクト「JI-ZO」(じぞー)を立ち上げ、作品を発表している。タッピング奏法を駆使したその高度なギターの演奏技術は世界的にみても評価が高い。
2

5

1

スティーヴ・ヴァイ / Steve Vai

評価:83%

スティーヴ・ヴァイは1960年6月6日生まれ、アメリカ出身のミュージシャン、ギタリスト。13歳の頃にギターを始める。高校で楽典や音楽理論を習得し、バークリー音楽大学に入学。1980年代にフランク・ザッパのバンドにギタリストとして加入しバンドデビュー。その後はアルカトラス、デイヴ・リー・ロス・バンド、ホワイトスネイクといったハード・ロック・バンドへの参加と同時にソロ・キャリアも積む。グラミー賞受賞。
3

5

2

高見沢 俊彦 / Toshihiko Takamizawa

評価:71%

高見沢 俊彦(たかみざわ としひこ)は1954年4月17日生まれ、埼玉県出身のギタリスト。THE ALFEEのヴォーカリスト/ギタリスト。THE ALFEEのほとんどの楽曲の作詞作曲を担当。変形ギターの愛好家として有名。2015年6月には、所有ギターの数が500本を越えたことをラジオで明かしている。
4

4

2

ブライアン・メイ / Brian May

評価:67%

ブライアン・メイは1947年7月19日生まれ、イギリス出身のミュージシャンで天文学者でもある。インペリアル・カレッジ・ロンドンで学び、クイーンの活動が軌道に乗るまでは中学校の講師だった。1960年代末からバンド活動を始め、1970年よりクイーンを名乗りライヴを積極的に展開。1973年にデビュー・アルバム『戦慄の王女』を発表。「スター・フリート・プロジェクト」(83年)、「バック・トゥ・ザ・ライト~光にむかって~」(92年)といったソロ作も発表している。自作のギター「レッド・スペシャル」とピックの代わりに硬貨を使用することで有名である。『ローリング・ストーン』の選ぶ「歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第39位、2011年の改訂版では第26位。
5

3

2

雅-MIYAVI-

評価:60%

雅-MIYAVI-は1981年9月14日生まれ、大阪府出身のロックミュージシャン、ギタリスト。2003年より本格的にソロ活動を開始し、翌年にメジャー・デビュー。日本、北米、南米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアなど約30か国300公演以上のライブを行い、7度のワールドツアーも行っている。2016年には映画の俳優としてハリウッド・デビューもしている。ピックを使わないスラップ奏法が特徴で「サムライギタリスト」の異名を持つ。影響を受けた日本のアーティスト(ギタリスト)としては布袋寅泰、hide、高中正義の3人の名前を挙げている。
6

3

3

ジミー・ペイジ / Jimmy Page

評価:50%

ジミー・ペイジは1944年1月9日、イギリス出身のギタリスト。レッド・ツェッペリンのギタリスト兼リーダー。1960年代初頭からミュージシャンとして活動をスタートする。1966年にはヤードバーズに加入。1968年に結成したレッド・ツェッペリンで成功をおさめる。レッド・ツェッペリンは1980年、ジョン・ボーナムの死去により活動を停止。以降は映画のサウンドトラックを担当したり、様々なミュージシャンと共演などをしている。
7

3

3

ジミ・ヘンドリックス / Jimi Hendrix

評価:50%

ジミ・ヘンドリックスは1942年11月27日生まれ、アメリカ出身のギタリスト・シンガーソングライター。愛称は「ジミヘン」。66年にアニマルズのチャス・チャンドラーに見出されて渡英。エクスペリエンスを結成し、67年にデビュー。ギタリストとして多くのミュージシャンに多大な影響を与えたロックミュージックのパイオニアの一人。右利き用のギターを逆さまにして左利きの構えで演奏するスタイルで知られる。ギターを歯や背中で弾き、火を放ち、破壊するパフォーマンスでも有名。1970年9月にロンドンにて急逝。「ローリング・ストーン誌が選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」、「ギター・マガジンが選ぶ! 史上最も偉大なギタリスト100人」などで1位を獲得している。
8

3

3

松本 孝弘 / Takahiro Matsumoto

評価:50%

松本 孝弘(まつもと たかひろ)は1961年3月27日生まれ、大阪府出身のギタリスト。高校入学と共に、ギターを始め、高校卒業後、ミューズ音楽院に進む。当時の講師にプロでやっていったほうがいいと言われ、中退し、音楽事務所・ビーイングに所属しプロとして活動を始める。浜田麻里やTM NETWORKのサポート活動やレコーディング参加をした後、1988年にボーカリストの稲葉浩志とB'zとしてデビュー。1999年6月に日本人初となるギブソン・レスポールのシグネチュア・アーティストに選ばれている。特徴的なトーン(音色)の演奏をするギタリストである。
9

2

1

ライ・クーダー / Ry Cooder

評価:67%

ライ・クーダーは1947年3月15日生まれ、アメリカ出身のギタリスト。3歳の頃にギターを始める。1970年にソロ・デビュー。世界各地のミュージシャンとも交流を持ち、97年にはキューバのベテラン音楽家と共演した『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』で話題を呼ぶ。スライド・ギターの名手でフィンガー・ピッキングの評価が高い。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において、8位にランクイン、2011年の改訂版では第31位。
10

2

1

ロバート・フリップ / Robert Fripp

評価:67%

ロバート・フリップは1946年5月16日生まれ、イギリス出身のギタリスト。幼少期にクラシックギターを学ぶ。18歳でボーンマスのマジェスティック・ホテルのジャズバンドの専属ギタリストになる。1967年に結成した前身バンドを経てプログレッシヴ・ロック・バンド、キング・クリムゾンを始動。バンドと並行してソロ活動も行い、他のアーティストとの多数のコラボ作品をリリースしている。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第42位、2011年の改訂版では第62位。
11

2

1

フランク・ザッパ / Frank Zappa

評価:67%

フランク・ザッパは1940年12月21日生まれ、アメリカ出身のギタリスト。1964年にソウル・ジャイアンツというバンドを結成、やがてマザーズ・オブ・インヴェンションへ発展し、1966年にデビュー。1993年12月にガンで病死。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第45位、2011年の改訂版では第22位。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第71位。
12

2

1

ジョン・メイヤー / John Mayer

評価:67%

ジョン・メイヤーは1977年10月16日生まれ、アメリカ出身のギタリスト。13歳でギターを始め、高校在学時にバーなどで演奏を始める。19歳でバークリー音楽大学に入学するが、数か月で中退。アトランタを拠点に音楽活動を開始。2001年、コロムビアレコードからメジャーデビュー。二度の喉の手術を乗り越えて“奇跡の復活”を果たし、ジョン・フルシアンテ、デレク・トラックスとともに“現代の三大ギタリスト”と呼ばれている。2004年、「Daughters」でグラミー賞の最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞を受賞。親日家で有名。
13

2

1

大村 孝佳 / Takayoshi Omura

評価:67%

大村孝佳(おおむら たかよし)は1983年12月26日生まれ、大阪府出身のギタリスト。3歳でピアノ、11歳でギターを始める。2002年、MI JAPAN大阪校に入学し、ケリー・サイモン、藤岡幹大に師事。2004年、ヤマハミュージックコミュニケーションズよりデビュー。ロックバンド C4のメンバー、dCprGのメンバーであるほか、マーティ・フリードマン、LIV MOON、BABYMETAL(神バンド名義)などのサポートギタリストとしても活動。また、MI JAPAN 大阪校の講師も務める。木目フェチ。
14

2

2

ランディ・ローズ / Randy Rhoads

評価:50%

ランディ・ローズは1956年12月6日生まれ、アメリカ出身のギタリスト。クワイエット・ライオット及びオジー・オズボーンのバンドの初代ギタリスト。軽飛行機の墜落事故により25歳で死去。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第85位、2011年の改訂版では第36位。
15

2

2

イングウェイ・マルムスティーン / Yngwie Malmsteen

評価:50%

イングウェイ・マルムスティーンは1963年6月30日生まれ、スウェーデンのストックホルム育ちのミュージシャン、ギタリスト、作曲家。ロック・ギターにクラシック音楽の要素を盛り込み、速弾きを得意とするギタリスト。1983年、渡米後にスティーラーに加入し、『スティーラー』を発表。翌1984年にはグラハム・ボネットが結成したアルカトラスに参加、『アルカトラス』をリリースした。アルカトラス脱退後は自身のバンド、ライジング・フォースやソロとして活動を行なう。
16

2

2

エディ・ヴァン・ヘイレン / Eddie Van Halen

評価:50%

エディ・ヴァン・ヘイレンは1955年1月26日生まれ、オランダ出身のギタリスト。ハードロックバンド、ヴァン・ヘイレンのギタリストで、同バンドのドラマーのアレックス・ヴァン・ヘイレンは実兄。1978年に「ユー・リアリー・ガット・ミー」でデビュー。2007年にロックの殿堂入り。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第70位、2011年の改訂版では第8位に選出されている。
17

2

3

ジョン・レノン / John Lennon

評価:40%

ジョン・レノンは1940年10月9日生まれ、イギリス出身のミュージシャン、シンガーソングライター。1960~1970年代を席巻したビートルズのリーダーで、ボーカル、ギター担当。ビートルズ解散後の1970年にソロ活動をスタート。71年に妻のヨーコ・オノとともにニューヨークへ拠点を移し、アルバム『イマジン』をリリースし、英米で1位を獲得。1980年に『ダブル・ファンタジー』をリリースするも同年12月に40歳で死去。
18

2

3

スティーヴィー・レイ・ヴォーン / Stevie Ray Vaughan

評価:40%

スティーヴィー・レイ・ヴォーンは1954年10月3日生まれ、アメリカ出身のギタリスト。1975年、バンド「トリプル・スレット・レヴュー」を結成。1983年、デヴィッド・ボウイのアルバム「レッツ・ダンス」に参加し、知名度を高める。同年、初のアルバム「Texas Flood(ブルースの洪水)」を発表しゴールドディスクを獲得。1989年、4作目のアルバム「In Step」でグラミー賞受賞。1990年8月27日、ライブに出演した帰りのヘリが墜落して乗員全員と共に死去。35歳没。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第7位、2011年の改訂版では第12位。
19

2

3

ニール・ヤング / Neil Young

評価:40%

ニール・ヤングは1945年11月12日生まれ、カナダのトロント出身のシンガーソングライター、ギタリスト。1966年に米・ロサンゼルスへ移り、翌年にバッファロー・スプリングフィールドを結成。1969年にソロデビューし、ファースト・アルバム『ニール・ヤング』を発表。1995年にはロックの殿堂入りを果たした。バンクーバーオリンピックの閉会式では、カナダ代表のミュージシャンとしてライブ・パフォーマンスをした。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第83位、2011年の改訂版では第17位。
20

1

1

ブライアン・セッツァー / Brian Setzer

評価:50%

ブライアン・セッツァーは1959年4月10日生まれ、アメリカ出身のギタリスト。8歳からギターを始める。1979年にストレイ・キャッツを結成し、人気を得るが、1984年に解散。1986年にソロ・デビュー。ソロとストレイ・キャッツ再結成を繰り返しながら、1994年にブライアン・セッツァー・オーケストラをスタート。イチローのファンでペプシコーラのテレビコマーシャルにイチローの活躍を歌った「Pep Pep Pepsi」という楽曲を提供している。
21

1

1

マイク・ブルームフィールド / Mike Bloomfield

評価:50%

マイク・ブルームフィールドは1943年7月28日生まれ、アメリカ出身のギタリスト。バターフィールド・ブルース・バンドに加入し、1965年にアルバム・デビュー。1968年にはアル・クーパーとの『スーパー・セッション』『フィルモアの奇蹟』を発表。1981年2月15日にサンフランシスコで死去。37歳没。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において、2003年は第22位、2011年の改訂版では第43位。
22

1

1

ジ・エッジ / The Edge

評価:50%

ジ・エッジは1961年8月8日生まれ、イギリス出身のギタリスト。幼少期からギターを始め、1979年にU2としてシングル・デビュー。1980年代後半の『ヨシュア・トゥリー』『魂の叫び』などで、独自の演奏スタイルを確立した。ローリング・ストーン誌の2003年8月号のカバーストーリー、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第24位、2011年の改訂版では第38位。
23

1

1

ピート・タウンゼント / Pete Townshend

評価:50%

ピート・タウンゼントは1945年5月19日生まれ、イギリス出身のギタリスト。1960年代前半からロジャー・ダルトリーらと組んだロック・バンド、ザ・フーのギタリストとして活動。気性が荒く、激しいギターパフォーマンスで幾多の伝説を残している。2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第10位(2003年版では第50位)。
24

1

1

ジョニー・グリーンウッド / Jonny Greenwood

評価:50%

ジョニー・グリーンウッドは1971年11月5日生まれ、イギリス出身のギタリスト。1985年、兄コリンやトム・ヨークらが結成したロックバンド、レディオヘッドに参加。リードギター、シンセサイザー、鉄琴、ヴァイオリン、オンド・マルトノ、ストリングスなど複数の楽器を弾くことができる。2003年に映画『Bodysong』の同名サントラでソロ・デビュー。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第59位、2011年の改訂版では第48位。1960~1980年代の日本のアニメ好きなことで有名。
25

1

1

デヴィッド・ギルモア / David Gilmour

評価:50%

デヴィッド・ギルモアは1946年3月6日生まれ、イギリス出身のギタリスト。幼少の頃からギターを習い始め、10代後半で様々なローカル・バンドで演奏するセッション・ミュージシャンとして活動する。1968年にピンク・フロイドに正式メンバーとして加入し、ギタリスト兼ヴォーカリストとして活躍。緻密なギターテクニックと独特の叙情サウンドが特徴のギタリストである。使用ギターはストラトキャスターが主。ソロ作のほか、ケイト・ブッシュやポール・マッカートニーらとのコラボレート作も多数。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第82位、2011年の改訂版では第14位。
26

1

1

カルロス・サンタナ / Carlos Santana

評価:50%

カルロス・サンタナは1947年7月20日生まれ、メキシコ出身のギタリスト。父の指導のもと、5歳でヴァイオリンを習い、8歳でギターを習った。1960年から自身の名を冠したラテン・ロック・バンド「サンタナ」で活動している。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第15位、2011年の改訂版では第20位。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第90位。
27

1

1

チャック・ベリー / Chuck Berry

評価:50%

チャック・ベリーは1926年10月18日生まれ、アメリカのセントルイス出身のギタリスト。本名はチャールズ・エドワード・アンダーソン・ベリー。1953年にジョニー・ジョンソンのバンドを経て、1955年にシングル「メイベリーン」でデビュー。独特のギター奏法とギターを弾きながら腰を曲げて歩く「ダックウォーク」奏法が話題となる。「ロック界の伝説」と敬われ、最初期のギター・ヒーローと称される。2017年3月18日にミズーリ州セントチャールズ郡の自宅で死去。90歳没。1986年にロックの殿堂入り。ローリング・ストーン誌選出『歴史上最も偉大な100人のシンガー』第41位。同『歴史上最も偉大な100組のアーティスト』第5位。同『歴史上最も偉大な100人のギタリスト』2003年は第6位、2011年の改訂版では第7位。1984年度グラミー賞『特別功労賞』受賞。
28

1

1

ジョージ・ハリスン / George Harrison

評価:50%

ジョージ・ハリスンは1943年2月25日生まれ、イギリス出身のギタリスト。13歳の時に中古のギターを購入し練習を始める。1958年2月にポール・マッカートニーの紹介でバンドに加入。1960年よりビートルズのリード・ギタリストとして活動をする。ビートルズ解散後は精力的にソロ活動を展開。1988年にビートルズとして、2004年にソロでロックの殿堂入り。2001年11月29日、癌と脳腫瘍の合併症により米ロサンゼルスにて死去。58歳没。
29

1

1

リッチー・ブラックモア / Ritchie Blackmore

評価:50%

リッチー・ブラックモアは1945年4月14日生まれ、イギリス出身のギタリスト。11歳の誕生日に父親からギターをプレゼントされ、1年間クラシック・ギターのレッスンを受ける。14歳の時、エレクトリックギターを手に入れ、人前で初演奏をする。スクリーミング・ロード・サッチらとのバンド時代を経て、1968年にディープ・パープルのメンバーとして活動を開始。1975年にはレインボーを結成。1997年、ブラックモアズ・ナイトを結成。ジミ・ヘンドリックスの影響を強く受けていることを公言しており、独特なギター・リフとクラシックの要素を取り入れた速弾きをするのが特徴のギタリストである。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第55位、2011年の改訂版では第50位。2016年、ディープ・パープル名義でロックの殿堂入り。
30

1

1

キース・リチャーズ / Keith Richards

評価:50%

キース・リチャーズは1943年12月18生まれ、イギリス出身のロックミュージシャン、ギタリスト。13歳の時に、母親からギターをプレゼントされ、ギターを弾き始める。1962年、知り合いだったミック・ジャガーとブライアン・ジョーンズとバンド「ローリング・ストーンズ」を組む。翌年に「カム・オン」でデビューし、65年の「サティスファクション」の大ヒットで世界的な地位を得る。ロック界随一とも言われるリズム・ギターが特徴で「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第10位、2011年の改訂版では第4位に選出されている。
31

1

1

ジェフ・ベック / Jeff Beck

評価:50%

ジェフ・ベックは1944年6月24日生まれ、イングランド出身のミュージシャン、ギタリスト。日本では、エリック・クラプトン、ジミー・ペイジと並ぶ3大ロック・ギタリストの一人とされている。12歳になるとジュニア・アート・スクールに通い、ギターを始める。1962年、バンド「トライデンツ」を結成、1965年、エリック・クラプトン脱退直後のヤードバーズに参加する。ヤードバーズを脱退後はロッド・スチュワート、ロン・ウッドなどを迎えたジェフ・ベック・グループを結成したり、ソロ活動をして様々な作品を発表した。2016年、デビュー50周年のアルバム『ラウド・ヘイラー』をリリースし、翌年に記念の来日公演を果たす。
32

1

1

エリック・クラプトン / Eric Clapton

評価:50%

エリック・クラプトンは1945年3月30日生まれ、イングランド出身のミュージシャン。本名はエリック・パトリック・クラプトン。シンガーソングライターとしても有名だが、「スローハンド」と呼ばれるギターの名手として知られており、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジと並ぶ世界3大ロック・ギタリストの一人とされている。1990年代は「バッド・ラヴ」で個人初のグラミー賞を獲得。ローリング・ストーン誌選出「最も偉大な100人のギタリスト」第2位。2004年11月3日、イギリス政府より、ナイトの爵位に次ぐ「大英帝国勲章 CBE」が授与された。
33

1

1

SYU

評価:50%

SYUは1980年9月23日生まれ、兵庫県出身のギタリスト。幼少の頃からピアノとバイオリンを始め、小学4年生の時にX JAPANがきっかけでドラムとギターを始める。1998年、ヴィジュアル系バンドVALKYRに加入。2001年、ヘヴィメタルバンド GALNERYUSを結成。2002年、VALKYR解散後、2003年、アニメタルへ加入する。2006年、アニメタルが封印となり、以降はGALNERYUSを中心に活動する。
34

1

1

藤岡 幹大 / Mikio Fujioka

評価:50%

藤岡 幹大(ふじおか みきお)は1981年1月19日生まれ、兵庫県出身のギタリスト。既婚で2女あり。中学時代にギターを購入し、高校進学時に同級生等とバンドを組み、アマチュア活動を開始。高校卒業後、MI JAPAN大阪校に入学。在学時にMI JAPAN・YOUNG GUITAR主催のGIT MASTERS 2000に入賞したことがきっかけで、卒業後の2001年から同校の講師となる。2007年にアルバム『TRICK DISC』でデビュー。その後、セッション・ミュージシャンとしても活動。2013年からはBABYMETALをサポートする通称「神バンド」のギタリストを担当。2017年12月30日に天体観測中、高所から落下し療養していたが、2018年1月5日に容態が急変して死去。36歳没。
35

1

1

マーティ・フリードマン / Marty Friedman

評価:50%

マーティ・フリードマンは1962年12月8日生まれ、米国ワシントン出身のギタリスト。14歳の時に行ったKISSのコンサートで衝撃を受けギターを始める。1982年、ヴィクセン名義でEP1枚を発表。1990年にメガデスに加入。メガデスでは4枚目のアルバム『ラスト・イン・ピース』から8枚目のアルバム『リスク(英語版)』まで参加し、バンドの全盛期を支える。2000年、目指す音楽の方向性の違いからメガデスを脱退。以降は大の親日家ということもあり日本に拠点を移す。相川七瀬のバックバンドのギタリストやももクロとの共演など幅広いジャンルで活動している。
36

1

2

スティーヴ・ハウ / Steve Howe

評価:33%

スティーヴ・ハウは1947年4月8日生まれ、イギリス出身のギタリスト。1964年にデビュー。1965年、「ジ・イン・クラウド」を結成。1967年にバンド名を「トゥモロウ」と改名し、注目を集める。1970年代は「イエス」、1980年代は「エイジア」で活動し、成功を収める。長男らとのスティーヴ・ハウ・トリオ、ファミリー・バンドのスティーヴ・ハウ・レメディなどでも活動している。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第69位だったが、2011年の改訂版では削除された。
37

1

2

マディ・ウォーターズ / Muddy Waters

評価:33%

マディ・ウォーターズは1913年4月4日生まれ、ブルース・シンガー、ギタリスト。本名はマッキンリー・モーガンフィールド。生涯に6度グラミー賞を受賞し、没後の1987年にはロックの殿堂入りを果たした。2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第49位。
38

1

2

ジャンゴ・ラインハルト / Django Reinhardt

評価:33%

ジャンゴ・ラインハルトは1953年5月16日生まれ、ベルギー出身のギタリスト、シンガー。本名はジャン・バティスト・ラインハルト。1930年代にステファン・グラッペリとグループを結成。戦後は米ツアーも開催。1953年5月16日に死去。43歳没。「ヨーロッパ初の偉大なジャズ・ミュージシャン」とも評されることも多い。
39

1

2

バディ・ガイ / Buddy Guy

評価:33%

バディ・ガイは1936年7月30日生まれ、アメリカ出身のギタリスト、シンガー。本名は、ジョージ・ガイ。1957年にシカゴに進出し、翌年アーティスティックよりデビュー。1991年の『アイ・ガット・ザ・ブルース』でグラミー受賞ほか5度のグラミー受賞。2005年にロックン・ロールの殿堂入り。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第30位、2011年の改訂版では第23位。2005年にロックの殿堂入りを果たした。
40

1

2

ロバート・ジョンソン / Robert Johnson

評価:33%

ロバート・ジョンソンは1911年5月8日生まれ、アメリカ出身のミュージシャン。伝説的なブルース歌手として知られ、同時代の多くのブルースのみならず、その後のロックなどに多大な影響を与えた。1938年8月16日、27歳で死去。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第5位、2011年の改訂版では第71位。
41

1

2

プリンス / Prince

評価:33%

プリンスは1958年6月7日生まれ、アメリカ出身のミュージシャン、シンガーソングライター、作曲家。本名はプリンス・ロジャー・ネルソン。1978年にデビュー。1983年の『1999』がヒットし、翌年の『パープル・レイン』が全米24週連続1位を記録。デビュー以来、作詞・作曲・歌唱・演奏・プロデュースの全てを自ら行うスタイルを貫いており、27種類以上の多種多様な楽器を演奏することができる。アルバム累計1億枚超セールスを記録し、グラミーほか受賞歴も多数。2016年4月21日、ミネアポリス近郊の自宅で死去。57歳没。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も過小評価されている25人のギタリスト」の第1位、2011年の「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」の第33位。
42

1

2

ジョー・サトリアーニ / Joe Satriani

評価:33%

ジョー・サトリアーニは1956年7月15日生まれ、アメリカ出身のギタリスト。1970年代末から音楽学校のギターの講師を務める。1980年代にソロ・デビュー。1986年に『サーフィン・ウィズ・ジ・エイリアン』をヒットさせた。
43

1

2

デュアン・オールマン / Duane Allman

評価:33%

デュアン・オールマンは1946年11月20日生まれ、アメリカ出身のミュージシャン、ギタリスト。愛称は“スカイドッグ”。1968年に弟のグレッグ・オールマンらと結成したオールマン・ブラザーズ・バンドのリーダー、リードギタリストとして活動。エリック・クラプトン「いとしのレイラ」への参加でも有名である。スライドギターによる演奏は多くのアーティストに影響を与えたが、1971年に交通事故死した。24歳没。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第2位、2011年の改訂版では第9位。
44

1

2

B.B.キング / B.B. King

評価:33%

B.B.キングは1925年9月16日生まれ、アメリカ出身のシンガー、ギタリスト、作曲家。本名はライリー・B.キング。「Blues Boy」と呼ばれるようになったのが名前の由来である。幼少期からギターを弾き始め、1949年にレコード・デビュー。R&Bのチャートで「3オクロック・ブルース」が1位となったのをきっかけに、以降数多くのヒットを放つ。1987年にロックの殿堂入りを果たす。2015年、89歳で没。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第3位、2011年の改訂版では第6位。 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第96位。
45

1

2

レス・ポール / Les Paul

評価:33%

レス・ポールは1915年6月9日生まれ、アメリカ出身のギタリスト、発明家。「ギブソン・レスポール」の生みの親である。13歳の頃からセミプロのギタリストとして活動。1936年、ジム・アトキンスとアーニー・ニュートンとトリオを組み初めてのレコードをリリース。1951年、妻 メリー・フォードとのデュオ「How High the Moon」が全米1位を獲得。5度のグラミー賞受賞。2009年、肺炎により死去。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第46位、2011年の改訂版では第18位。
46

1

2

ボ・ディドリー / Bo Diddley

評価:33%

ボ・ディドリーは1928年12月30日生まれ、アメリカ出身のギタリスト。12歳のときにギターを始める。1955年にリリースしたデビュー・シングル「I'm A Man」が大ヒットし、スターの地位を手に入れる。ボ・ディドリー・ビートと称される躍動感あふれるリズムを基調とした彼の独特なサウンドが特徴。ボ・ディドリーの影響をローリング・ストーンズやU2など数多くのロック・ミュージシャンが受けている。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第20位。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第37位、2011年の改訂版では第27位。
47

1

2

Char

評価:33%

Charは1955年6月16日生まれ、東京都品川区出身のギタリスト。本名は、竹中 尚人(たけなか ひさと)。7歳でピアノを始め、8歳でギターを始める。幼少期はジミー・ヘンドリックスに憧れる少年だった。1976年6月『NAVY BLUE』でソロ・デビュー。1977年にリリースした「気絶するほど悩ましい」がヒット。ロックバンド、RIZEのJESSEは長男。
48

1

2

布袋 寅泰 / Tomoyasu Hotei

評価:33%

布袋 寅泰は1962年2月1日生まれ、日本の群馬県出身のミュージシャン、ギタリスト。1981年、BOØWYのギタリストとしてデビュー。BOØWY解散後はソロ活動をするとともに、吉川晃司とのユニット・COMPLEXや他のアーティストへの楽曲提供などをし、映画やCMへの出演などもしている。2012年8月から英ロンドンへ移住。ビートへの拘りが強く自身もリズム・ギタリストとかリード・ギタリストとかあるけど、僕はビート・ギタリスト」を公言している。妻は今井 美樹。
49

1

2

ウィルコ・ジョンソン / Wilko Johnson

評価:33%

ウィルコ・ジョンソンは1947年7月12日生まれ、イギリス出身のギタリスト、ボーカリスト。1971年、ドクター・フィールグッド結成。熱狂的なライヴ・パフォーマンスで人気を得る。1977年に脱退し、いくつかのバンド参加を経てソロ活動を続ける。ステージ上でギターをマシンガンのように構えるポーズがトレードマークで、ピックを使わず、シャープなカッティングでリズムギターとリードギターを同時に弾きだす独特の奏法をするギタリストである。
50

1

2

ウリ・ジョン・ロート / Uli Jon Roth

評価:33%

ウリ・ジョン・ロートは 1954年12月18日生まれ、ドイツ出身のギタリスト。1968年、ギターに目覚め、コピーバンド中心に活動。1973年、マイケル・シェンカーの後任でスコーピオンズに加入。1978年に脱退した後に、エレクトリック・サンのプロジェクト名で活動を開始。叙情的な音色が特徴のギタリストである。
51

1

2

ジョニー・サンダース / Johnny Thunders

評価:33%

ジョニー・サンダースは1952年7月15日生まれ、アメリカ出身のミュージシャン。1971年、デヴィッド・ヨハンセンらと「ニューヨーク・ドールズ」を結成、リードギターを務める。1975年、「ニューヨーク・ドールズ」を脱退。その後、バンド「ザ・ハートブレイカーズ」の結成・解散を経てソロ活動をスタートする。91年、38歳で死去。
52

1

2

ジョニー・ラモーン / Johnny Ramone

評価:33%

ジョニー・ラモーンは1948年10月8日生まれ、アメリカ出身のミュージシャン。1974年結成のバンド「ラモーンズ」のギタリストで結成時から解散時までメンバーとして活動。2004年に前立腺癌のため死去。2003年、ローリング・ストーン誌選定の『歴史上最も偉大な100人のギタリスト』で第16位にランクされ、 2009年にはタイム誌選定の『10人の偉大なエレキギター奏者』の一人として取り上げられた。2011年、ローリング・ストーン誌選定の『歴史上最も偉大な100人のギタリスト』改訂版では第28位にランクされた。
53

1

2

ポール・コゾフ / Paul Kossoff

評価:33%

ポール・コゾフは1950年9月14日生まれ、イギリス出身のミュージシャン。1969年にバンド「フリー」のギタリストとしてデビュー。1973年からは「バック・ストリート・クロウラー」として活動。ブルースを基調とした「泣きのギター」が特徴のギタリストである。1976年に心臓病により急逝。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第51位、2011年の改訂版では削除された。
54

1

2

ジョン・ペトルーシ / John Petrucci

評価:33%

ジョン・ペトルーシは1967年7月12日生まれ、アメリカ出身のミュージシャン、作曲家、ギタリスト。12歳のときにギターを弾き始める。ハイスクールの最後の2年間音楽理論を学び、その後バークリー音楽大学に進学。いくつかのバンド変遷を経て1989年に『ホエン・ドリーム・アンド・デイ・ユナイト』でデビュー。その際すでに同じ名前のバンドがあることからバンドを『DREAM THEATER』と改名し活動する。速弾き、スウィープ、タッピング、レガートなどのテクニック・正確性が優れたギタリストである。
55

1

2

マイケル・シェンカー / Michael Schenker

評価:33%

マイケル・シェンカーは1955年1月10日生まれ、ドイツ出身のギタリスト。1972年に兄ルドルフとバンド「スコーピオンズ」を結成。1973年6月、バンド「UFO」に加入。UFO脱退後、マイケル・シェンカー・グループを率いてアルバム『神(帰ってきたフライング・アロウ)』でデビュー。
56

1

2

ヌーノ・ベッテンコート / Nuno Bettencourt

評価:33%

ヌーノ・ベッテンコートは1966年9月20日生まれ、ポルトガル出身のギタリスト、ボーカリスト。10歳の頃からギターを始める。1985年にバンド「エクストリーム」を結成。1990年に発表したアルバム「PORNOGRAFFITTI」に収録された「More than Words」が翌1991年に全米No.1を獲得する。1996年にバンドを脱退し、ソロ活動をスタート。1997年に初のソロ・アルバム『スキゾフォニック』を発表。2007年、ペリー・ファレルと「サテライト・パーティー」を結成し、デビュー曲「Ultra Payloaded」発表。2007年、「サテライト・パーティー」を脱退。2008年、エクストリーム再結成。「Saudades De Rock」発表。
57

1

2

エリック・ジョンソン / Eric Johnson

評価:33%

エリック・ジョンソンは1954年8月17日生まれ、アメリカ出身のギタリスト、作曲家、ミュージシャン。1974年に、スタジオ・ミュージシャンとして活動。1986年の4月に、初のソロ・アルバム『Tones』をリリース。1990年にリリースした2作目のアルバム『Ah Via Musicom』の2曲目「Cliffs of Dover」が大ヒットし、グラミー賞を受賞。メイン・ギターは、フェンダーのストラトキャスターで、他にはギブソンのES-335、SG、レスポールなどを使うこともある。
58

1

2

トム・モレロ / Thomas Baptiste Morello

評価:33%

トム・モレロは1964年5月30日生まれ、アメリカ出身のギタリスト。高校進学後、本格的にギターを始める。1982年、ハーバード大学に進学。卒業後、LAに移り、民主党のアラン・クランストン上院議員の秘書を務めるが、政治思想の対立から解雇される。1988年にロック・アップというバンドを結成するが、1991年に解散。同年、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンというバンドを結成し、1992年、エピック・レコードと契約しアルバムをリリース。政治的メッセージやサウンドが人気を呼び人気を得る。個性的なリフとワウペダルを始めエフェクターを駆使した独特のサウンドが特徴のギタリストである。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第26位、2011年の改訂版では第40位。
59

1

2

ジョン・フルシアンテ / John Frusciante

評価:33%

ジョン・フルシアンテは1970年3月5日生まれ、アメリカ出身のミュージシャン、ギタリスト。1989年、18歳でレッド・ホット・チリ・ペッパーズにギタリストとして加入。ローリング・ストーン誌の2007年2月号では、ジョン・メイヤー、デレク・トラックスと共に「現代の三大ギタリスト」に選出された。2009年12月16日、チリ・ペッパーズを脱退し、ソロ活動を始める。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第18位、2011年の改訂版では第72位。
60

1

3

浅井 健一 / Kenichi Asai

評価:25%

浅井 健一は1964年12月29日生まれ、愛知県名古屋市出身のミュージシャン。1990年に「BLANKEY JET CITY」結成。1990年に出演した「三宅裕司のいかすバンド天国」で第25代目イカ天キングとなり、翌年メジャーデビュー。1999年、SHERBETSを結成。2000年、BLANKEY JET CITY解散。2001年からはSHERBETSと並行してソロ活動などをする。その他、絵画個展を開いたり詩集を出したりとマルチな才能を発揮している。
61

0

1

ジョー・ウォルシュ / Joe Walsh

評価:0%

ジョー・ウォルシュは1947年11月20日生まれ、アメリカ出身のギタリスト。1975年、イーグルスに加入。1978年、ソロ・アルバム『ロスからの蒼い風』をリリース。1994年にイーグルスが復活して以降、バンドを中心に活躍。2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第54位。エクストラ級免許を持つアマチュア無線家として知られている。
62

0

1

ビリー・ギボンズ / Billy Gibbons

評価:0%

ビリー・ギボンズは1949年12月16日生まれ、アメリカ出身のギタリスト、ミュージシャン。本名はウィリアム・フレデリック・ギボンズ。1969年にロック・バンド、ZZトップを結成。2004年にロックの殿堂入りを果たす。2016年には初のソロ・アルバム『ペルフェクタムンド』を発表した。2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第32位。
63

0

2

スラッシュ / Slash

評価:0%

Slashは1965年7月23日生まれ、イングランド出身ロサンゼルス育ちのロック・ミュージシャン、ギタリスト、ソングライター。15歳からギターを始める。85年、ガンズ・アンド・ローゼズを結成。人気を得るものの、1996年、アクセル・ローズとの不和が原因でバンドを脱退。その後はスラッシュズ・スネイクピットやヴェルヴェット・リヴォルヴァーといったバンドやソロで活動をする。2009年にB'zの稲葉浩志とコラボしたシングル「SAHARA」が話題になった。シルクハットとサングラスがトレードマーク。ローリング・ストーン誌選定「歴史上最も偉大な100人のギタリスト」第65位。
64

0

1

マーク・ノップラー / Mark Knopfler

評価:0%

マーク・ノップラーは1949年8月12日生まれ、イギリス出身のミュージシャン、ギタリスト。10代の頃からギターを独学で学び、大学卒業後は新聞記者や教師をしつつ複数のバンドの掛け持ちをする。1977年にイギリスで“ダイアー・ストレイツ”を結成。「マネー・フォー・ナッシング」などのヒットを飛ばす。1996年にアルバム『ゴールデン・ハート』でソロ・デビュー。ローリング・ストーン誌の2003年8月号のカバーストーリー、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第27位、2011年の改訂版では第44位。
65

0

2

カーク・ハメット / Kirk Hammett

評価:0%

カーク・ハメットは1962年11月18日生まれ、アメリカ出身のギタリスト。1983年に、バンドを解雇されたデイヴ・ムステインと入れ替わる形でメタリカに加入。「デビルマン」のファンで有名。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第11位、2011年の改訂版では削除された。
66

0

2

ダイムバッグ・ダレル / Dimebag Darrell

評価:0%

ダイムバッグ・ダレルは1966年8月20日生まれ、アメリカ出身のギタリスト。12歳の時にギターを弾き始め、州全体のギター・コンテストで7回ほど賞を受賞。1981年、ヘヴィメタルバンド「パンテラ」結成。1994年の『脳殺』はビルボード初登場1位を記録。人間関係の悪化から2003年に解散。解散後、パンテラのメンバーのドラマーのヴィニー・ポールとギタリストのダイムバッグ・ダレルの兄弟によりヘヴィメタルバンド「ダメージプラン」結成。全米チャート初登場38位という結果を出すものの2004年のツアー時に死去。2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第92位。
67

0

1

トニー・アイオミ / Tony Iommi

評価:0%

トニー・アイオミは1948年2月19日生まれ、イギリス出身のギタリスト。ブラック・サバスのメンバーとして知られ、1970年のデビュー以来、ブラック・サバスの全てのアルバムに参加している。厚みのある音色が特徴の左利きのギタリスト。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第86位、2011年の改訂版では第25位。
68

0

2

J・マスシス / J Mascis

評価:0%

J・マスシスは1965年12月10日生まれ、アメリカ出身のミュージシャン、ギタリスト。高校時代にディープ・ウーンドで活動し、1984年にダイナソーJrを結成。人気を得るが1997年に解散。J.マスシス+ザ・フォグ結成後、2005年にダイナソーJrが再結成。バンド活動と並行して2011年には初ソロ・アルバム『セヴェラル・シェイズ・ホワイ』を発表した。2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第86位。
69

0

2

ジャック・ホワイト / Jack White

評価:0%

ジャック・ホワイトは1975年7月9日生まれ、アメリカ出身のミュージシャン、ギタリスト。1997年、メグ・ホワイトとザ・ホワイト・ストライプスを結成してデビューし、人気アーティストになる。2005年にはザ・ラカンターズを結成。2008年のアルバム『コンソーラーズ・オブ・ザ・ロンリー』でグラミー受賞。2011年のザ・ホワイト・ストライプス解散後はザ・デッド・ウェザーを結成。また、ソロとして2012年に『ブランダーバス』を発表。2014年の『ラザレット』でグラミー受賞。
70

0

2

カート・コバーン / Kurt Cobain

評価:0%

カート・コバーンは1967年2月20日生まれ、アメリカ出身のギタリスト。高校の頃からバンド活動をし、1987年にニルヴァーナを結成。1991年のアルバム『ネヴァーマインド』でブレイクするが27歳という若さで亡くなった。
71

0

2

アンガス・ヤング / Angus Young

評価:0%

アンガス・ヤングは1955年3月31日生まれ、オーストラリア出身のギタリスト。バンド AC/DCのリードギタリスト。ギターはデビュー以来、一貫してギブソン・SGを使用している。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第96位、2011年の改訂版では第24位。
72

0

1

飯塚 昌明 / Masaaki Iizuka

評価:0%

飯塚 昌明(いいづか まさあき)は1967年2月22日生まれ、新潟県出身のギタリスト。従兄の影響で小学生時代にギターを始め、KISSの影響を受けてギタリストを目指すことになる。ミューズ音楽院卒業後、2005年9月、谷山紀章と音楽ユニット「GRANRODEO(グランロデオ)」を結成し活動をしている。
73

0

3

野村 義男 / Yoshio Nomura

評価:0%

野村 義男(のむら よしお)は1964年10月26日生まれ、兵庫県出身のギタリスト。姉の影響で小5でギターを始める。ジャニーズ事務所に所属し、79年にTVドラマ『3年B組金八先生』に出演し、田原俊彦、近藤真彦と芸能界デビュー。アイドル“たのきんトリオ”として人気を得た。ジャニーズ退社後は浜崎あゆみなどのバックバンドのギタリストを務める。自他共に認めるギターマニア。300本を超えるギターコレクションを一冊の写真集にまとめた本「野村義男の“思わず検索したくなる”ギター・コレクション」を2015年6月25日に発売。
74

0

1

サーストン・ムーア / Thurston Moore

評価:0%

サーストン・ムーアは1958年7月25日生まれ、アメリカ出身のギタリスト。1970年代後半、キム・ゴードンらとソニック・ユースを結成。1982年、デビューEP「ソニック・ユース」を発表。ソロでは『サイキック・ハーツ』(1995年)、『デモリッシュド・ソウツ』(2011年)などを発表。USインディ・シーンに多大な影響を与えたギタリストの一人。
75

0

1

ジェリー・ガルシア / Jerry Garcia

評価:0%

ジェリー・ガルシアは1942年8月1日生まれ、アメリカ出身のミュージシャン、ギタリスト。グレイトフル・デッドのリードギタリスト、メインボーカリスト、作曲を担当。情熱的なギターの評価は高く、ローリング・ストーン誌の「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第13位、2011年の改訂版では第46位に選ばれている。1995年8月、心臓発作のため死去。

【史上最高】上手いと思うギタリストに関するコメント