鬼滅の刃 好きなキャラクターのランキング

鬼滅の刃に出てくるキャラクターを徹底ランキング!あなたの好きな鬼滅の刃のキャラクターにぜひ投票してください。ここに掲載されていない鬼滅の刃のキャラクターがいましたらコメント欄などにて教えてください。


#1 竈門 禰豆子(かまど ねずこ) / 鬼滅の刃

竈門 禰豆子(かまど ねずこ)は「鬼滅の刃」の主人公 竈門 炭治郎の妹で物語のヒロイン。人間だった頃は家族思いの心優しい性格だったが、鬼舞辻無惨により鬼化してしまった。鬼の能力の一つとして、身長をある程度拡縮できる。体を小さくして背負い箱に入った状態で炭治郎に運ばれているが、戦闘時となると体を大きくして蹴りをメインに戦うようになる。また下弦の伍との戦闘で「爆血」の能力が開花する。人間の血に対する欲求は強く残るが、自意識で無理やり押さえ込んでいる。鬼化の進行が進めば再生速度は「上弦の陸」堕姫すら上回る。誕生日:12月28日。年齢:物語開始時12歳→最終選別後14歳。身長:物語開始時150cm→最終選別後153cm。体重:物語開始時39kg→最終選別後45kg。出身地:東京府 奥多摩郡 雲取山(現:西多摩郡 雲取山)。趣味:裁縫(商品として売れる出来栄え)。好きなもの:金平糖。

#2 嘴平 伊之助(はしびら いのすけ) / 鬼滅の刃

嘴平 伊之助(はしびら いのすけ)は「鬼滅の刃」の主人公 竈門 炭治郎の同期にあたる鬼殺隊剣士。奇怪な猪のかぶりものをしているが、素顔は堕姫に美しいと認められるほど非常に女性的で端整な顔立ちをしている。上半身は裸で、隊服はズボンのみ。腰や脛に毛皮を巻いている。日輪刀は刃こぼれした二刀で、「千切り裂くような切れ味」と嘯く。鞘がなく非戦闘時は布を巻きつけている。我流の呼吸法である「獣(ケダモノ)」の呼吸法で鬼を倒す。触覚が非常に優れており、集中することにより空気のかすかな揺らぎすら感知し、直接触れていないものでも捉えられる。階級:癸→庚→丙。誕生日:4月22日(名前とともに、ふんどし裏に書いてあった)。年齢:15歳。身長:164cm。体重:63kg。出身地:東京府奥多摩郡大岳山(現:奥多摩 大岳山)。趣味:炭治郎に教えてもらった「ことろことろ」という童遊び。好きなもの:天ぷら(「藤の花の家紋」の家で夕飯に出されてから好物になった)。

#3 冨岡 義勇(とみおか ぎゆう) / 鬼滅の刃

冨岡 義勇(とみおか ぎゆう)は「水」の呼吸法を使用する水柱(みずばしら)。炭治郎に鬼殺隊へ入るよう勧誘し鱗滝左近次に紹介状を送った。現実的で冷めた雰囲気を見せ、感情を表に出すことはほとんどない。同僚の胡蝶しのぶから「ほかの柱から嫌われている」と指摘されるが、自覚がなく強く否定している。家族と祝言間近の姉・蔦子を鬼に*された過去を持つ。生き残ったことで鬼殺隊入隊を志し、錆兎とは親友同士であり同期だった。冨岡 義勇の技としては「水の呼吸・肆ノ型 打ち潮」「水の呼吸・参ノ型 流流舞い、陸ノ型 ねじれ渦」「水の呼吸・漆ノ型 雫波紋突き」「水の呼吸・拾壱ノ型 凪」などがある。階級:柱。誕生日:2月8日。年齢:物語開始時19歳→再登場時21歳。身長:176cm。体重:69kg。出身地:東京府 豊多摩郡 野方村(現:中野区 野方)。趣味:詰め将棋。好きなもの:鮭大根。

#4 竈門 炭治郎(かまど たんじろう) / 鬼滅の刃

竈門 炭治郎(かまど たんじろう)は「鬼滅の刃」の主人公であり、家族思いな少年。額左側の痕と、日輪が描かれた花札風の耳飾りが特徴的。髪と瞳は赤みがかっており、鋼鐵塚曰く火仕事をする家に生まれる「赫灼の子」で縁起がいいとされている。頑固で石頭と二つの意味で頭が固い。真面目な性格ではあるが、生真面目が過ぎてややズレた言動をすることがある。割れた皿にかすかに残った猫の匂いが分かるなど、嗅覚が非常に優れている。鱗滝 左近次の下で修業し、「水」の呼吸法を身につけた。また幼いころに父親から教わった「ヒノカミ神楽」も戦闘時に使用する。鬼になってしまった妹のねずこを人間へと戻すため旅を続ける。階級:癸→庚→丙。誕生日:7月14日。年齢:物語開始時13歳→修行後(鬼殺隊入隊時)15歳。身長:物語開始時156cm→修行後(鬼殺隊入隊時)165cm。体重:物語開始時53kg→修行後(鬼殺隊入隊時)61kg。出身地:東京府 奥多摩郡 雲取山(現:西多摩郡 雲取山)。趣味:頭突き、掃除。好きなもの:タラの芽。

#5 我妻 善逸(あがつま ぜんいつ) / 鬼滅の刃

我妻 善逸(あがつま ぜんいつ)は「鬼滅の刃」の主人公 竈門 炭治郎の同期にあたる鬼殺隊剣士。非常に臆病でネガティブ思考の利己的な面が強い少年。元々は黒髪だったが、修業時代、落雷に打たれたことをきっかけに現在は金髪。日輪刀の刀身には稲妻のような刃紋が走っている。聴覚が非常に優れており、その能力で他人の感情を読み取ることもできる。プレッシャーに弱く、緊張や恐怖が極限まで高まると気絶するように眠ってしまう。しかしそれによって半覚醒状態となり、緊張から開放される事で本来の強さを発揮する。「雷」の呼吸を使用する。階級:癸→庚→丙。誕生日:9月3日。年齢:16歳。身長:164.5cm。体重:58kg。出身地:東京府牛込區(現:新宿 牛込)。趣味:花札、双六。好きなもの:甘いもの、高いもの(うなぎなど)。

#6 不死川 玄弥(しなずがわ げんや) / 鬼滅の刃

不死川 玄弥(しなずがわ げんや)は「鬼滅の刃」の主人公 竈門 炭治郎の同期にあたる鬼殺隊剣士。風柱・不死川実弥の弟。顔に多数の傷があり、目つきが鋭く、髪をモヒカンにしている。無口で粗暴な性格に見られがちだが、実は結構常識人で変人だらけの周りに引くこともしばしば。戦闘では刀と銃を使い、呼吸の才能がないが、鬼を喰い、鬼の力を取り込むことでその力を一時的に使える特異体質。鬼になった母から守ってくれた兄・実弥に謝るため、才能がないながらも様々な手を使って後を追って、鬼殺隊に入隊した。悲鳴嶼行冥の下で活動しながら、兄との再会を望んでいた。階級:癸→丁。誕生日:1月7日。年齢:16歳。身長:選別時160cm→再登場時180cm。体重:選別時56kg→再登場時76kg。出身地:東京府 京橋區(現:中央区 京橋)。趣味:盆栽。好きなもの:スイカ。

#7 栗花落 カナヲ(つゆり かなを) / 鬼滅の刃

栗花落 カナヲ(つゆり かなを)は「鬼滅の刃」の主人公 竈門 炭治郎の同期にあたる鬼殺隊の女剣士。炭治郎と同期ながらその才覚を認められ、蟲柱・胡蝶しのぶの「継子」となっていた。初期は無表情・無口で炭治郎でさえコミュニケーションがとれていなかった。すべてにおいて「どうでもいいから何も決められない」という一種の虚無感を抱えており、指示を受けたこと以外の行動はコイントスの結果で決めていた。炭治郎との出会いが、その胸中に一石を投じることとなる。幼少の頃に親から売られ、人買いが連れ歩いているところを胡蝶カナエ・しのぶ姉妹が保護し引き取った。カナエが「カナヲ」と名付けた。炭治郎と出会ってからは自らの意思で行動することも見られるようになる。階級:癸→己→丁。誕生日:5月19日(出生不明だったため、カナエとしのぶに出会った日にしている)。年齢:16歳。身長:選別時152cm→9巻辺り156cm。体重:選別時44kg→9巻辺り46kg。出身地:東京府 本所區(現:墨田区 向島)。趣味:朝から晩までシャボン玉。好きなもの:アオイの作ったもの全部、ラムネ。

#8 胡蝶 しのぶ(こちょう しのぶ) / 鬼滅の刃

胡蝶 しのぶ(こちょう しのぶ)は「蟲」の呼吸法を使用する蟲柱(むしばしら)。柱の中で唯一鬼の頚を斬ることができない剣士だが、毒と薬に精通し、鬼を倒せる毒を作り出した。物腰が柔らかく、落ち着いた性格。胡蝶 しのぶの技としては「蟲の呼吸・蝶ノ舞 "戯れ"」「蟲の呼吸・蜂牙ノ舞 "真靡き"」「蟲の呼吸・蜻蛉ノ舞 "複眼六角"」「蟲の呼吸・蜈蚣ノ舞 "百足蛇腹"」などがある。階級:柱。誕生日:2月24日。年齢:18歳。身長:151cm。体重:37kg。出身地:東京府 北豊島郡 滝野川村(現:北区 滝野川)。趣味:怪談話。好きなもの:生姜の佃煮。

#9 煉獄 杏寿郎(れんごく きょうじゅろう) / 鬼滅の刃

煉獄 杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)は「炎」の呼吸法を使用する炎柱(えんばしら)。正論を好んで語る。柱合裁判の際には鬼である禰豆子を認めない発言をしていたが、最期には人間を守るために戦った禰豆子を鬼殺隊の一員として認めていた。戦闘力は凄まじく、無限列車内では五両間を一瞬で移動、技の威力で横転の衝撃を和らげる程の実力を持っている。またリーダーシップと判断力も優れており、炭治郎達に列車の事態を収拾するための的確な指示を出した。他の柱達からも高評価されている。煉獄 杏寿郎の技としては「炎の呼吸・壱ノ型 不知火」「炎の呼吸・弐ノ型 昇り炎天」「炎の呼吸・肆ノ型 盛炎のうねり」「炎の呼吸・伍ノ型 炎虎」「炎の呼吸 奥義・玖ノ型 煉獄」などがある。階級:柱。誕生日:5月10日。年齢:20歳。身長:177cm。体重:72kg。出身地:東京府 荏原郡 駒沢村(現:世田谷 桜新町)。趣味:能や歌舞伎、相撲観戦。好きなもの:さつまいもの味噌汁。

#10 宇髄 天元(うずい てんげん) / 鬼滅の刃

宇髄 天元(うずい てんげん)は「音」の呼吸法を使用する音柱(おとばしら)。「派手」が口癖で、宝石がちりばめられた額当てをはめ、左目の周囲に化粧をしている派手な出で立ちの大柄な剣士。三人の嫁(須磨・まきを・雛鶴)がいる。得物は鎖でつながれた幅広の二本の日輪刀で、戦闘時以外は刀身に細い布を巻いて背負っている。補助に火薬玉も使用する。元は忍。大柄な体格に合わずの俊敏さを併せ持つ。気配を消したり、毒への耐性もある。宇髄 天元の技としては「音の呼吸・壱ノ型 轟」「音の呼吸・肆ノ型 響斬無間」「音の呼吸・伍ノ型 鳴弦奏々」「譜面」などがある。階級:柱。誕生日:10月31日。年齢:23歳。身長:198cm。体重:95kg。出身地:不明。趣味:嫁と温泉巡り、秘湯探し。好きなもの:ふぐ刺し。

#11 時透 無一郎(ときとう むいちろう) / 鬼滅の刃

時透 無一郎(ときとう むいちろう)は「霞」の呼吸法を使用する霞柱(かすみばしら)。常に無表情で掴みどころがなく、その場と無関係なことを考えている場合が多い。日輪刀を握って2ヶ月で柱となる。記憶喪失であり、刀を握る以前の記憶を失くしていた。日の呼吸の使い手の子孫と言われているが関係性は不明。戦闘では自身の持つ超スピードを駆使して戦う。時透 無一郎の技としては「霞の呼吸・壱ノ型 垂天遠霞」「霞の呼吸・弐ノ型 八重霞」「霞の呼吸・参ノ型 霞散の飛沫」「霞の呼吸・肆ノ型 移流斬り」「霞の呼吸・伍ノ型 霞雲の海」「霞の呼吸・陸ノ型 月の霞消」「霞の呼吸・漆ノ型 朧」などがある。階級:柱。誕生日:8月8日。年齢:14歳。身長:160cm。体重:56kg。出身地:景信山(現・東京都八王子市と神奈川県相模原市の境界)。趣味:紙切り、折り紙(死ぬほど飛ぶ紙飛行機を作れる)。好きなもの:ふろふき大根。

#12 甘露寺 蜜璃(かんろじ みつり) / 鬼滅の刃

甘露寺 蜜璃(かんろじ みつり)は「恋」の呼吸法を使用する恋柱(こいばしら)。元は煉獄の継子。社交的で心優しく、無視されると泣きじゃくるほど繊細な性格。炭治郎が感心する程食欲が旺盛。容姿端麗でスタイルが良いが、特殊な肉体で筋肉の密度が常人の八倍。鬼殺隊に入った理由は「添い遂げる殿方を見つけるため」。柱の中では珍しく禰豆子に好意的で、頭を撫でたり、くすぐって遊んだりしていた。禰豆子も甘露寺に懐いている。戦闘では、鉄地河原が制作したウルミのようにしなる日輪刀を使用する。甘露寺 蜜璃の技としては「恋の呼吸・壱ノ型 初恋のわななき」「恋の呼吸・弐ノ型 懊悩巡る恋」「恋の呼吸・参ノ型 恋猫しぐれ」「恋の呼吸・伍ノ型 揺らめく恋情・乱れ爪」「恋の呼吸・陸ノ型 猫足恋風」などがある。階級:柱。誕生日:6月1日。年齢:19歳。身長:167cm。体重:56kg。出身地:東京府 麻布區 飯倉(現:港区 麻布台)。趣味:料理、メンコで負け知らず。好きなもの:桜餅。

#13 伊黒 小芭内(いぐろ おばない) / 鬼滅の刃

伊黒 小芭内(いぐろ おばない)は「蛇」の呼吸法を使用する蛇柱(へびばしら)。口元を包帯で隠しねちねちとした、しつこい話し方をする。吉原・遊郭編での戦闘終結後、援軍として現れ、引退の意向を示した宇髄に「若手が育たなすぎるから」と反対する。甘露寺に対し、文通していたり靴下をプレゼントしたりと何かと気にかけている模様。伊黒 小芭内の技としては「蛇の呼吸・弐ノ型 狭頭の毒牙」「蛇の呼吸・伍ノ型 蜿蜿長蛇」などがある。階級:柱。誕生日:9月15日。年齢:21歳。身長:162cm。体重:53kg。出身地:東京府 八丈島 八丈富士<西山>。趣味:川柳、俳句、飴細工を作っているところをずっと眺める。好きなもの:とろろ昆布。

#14 不死川 実弥(しなずがわ さねみ) / 鬼滅の刃

不死川 実弥(しなずがわ さねみ)は「風」の呼吸法を使用する風柱(かぜばしら)。白髪の短髪で身体中に傷跡があり、粗暴な言動が目立つ。前の大きく開いた隊服を着ている。玄弥の兄。不死川 実弥の技としては「風の呼吸・壱ノ型 塵旋風・削ぎ」「風の呼吸・弐ノ型 爪々・科戸風」「風の呼吸・参ノ型 晴嵐風樹」「風の呼吸・肆ノ型 昇上砂塵嵐」「風の呼吸・伍ノ型 木枯らし颪」「風の呼吸・陸ノ型 黒風烟嵐」「風の呼吸・漆ノ型 勁風・天狗風」「風の呼吸・捌ノ型 初烈風斬り」などがある。階級:柱。誕生日:11月29日。年齢:21歳。身長:179cm。体重:75kg。出身地:東京府 京橋區(現:中央区 京橋)。趣味:カブト虫を育てる。好きなもの:おはぎ。

#15 悲鳴嶼 行冥(ひめじま ぎょうめい) / 鬼滅の刃

悲鳴嶼 行冥(ひめじま ぎょうめい)は「岩」の呼吸法を使用する岩柱(いわばしら)。僧侶を思わせる風体の大男。鬼殺隊当主である産屋敷に救われ、恩に報いるべく鬼殺隊に入隊した。柱に就任して以来、8年間に渡ってその任を務めてきた歴戦の猛者であり、組織の長である産屋敷からの信頼も非常に厚い。癖者揃いの他の柱達からもその実力から一目置かれており、現在の柱では最年長でもあることから柱達の実質的なリーダーとなっている。伊之助曰く、「鬼殺隊最強」。悲鳴嶼 行冥の技としては「岩の呼吸・壱ノ型 蛇紋岩・双極」「岩の呼吸・弐ノ型 天面砕き」「岩の呼吸・参ノ型 岩軀の膚」「岩の呼吸・肆ノ型 流紋岩・速征」「岩の呼吸・伍ノ型 瓦輪刑部」などがある。階級:柱。誕生日:8月23日。年齢:27歳。身長:220cm。体重:130kg。出身地:東京府 靑梅 日の出山(現:日の出山 青梅)。趣味:尺八。好きなもの:炊き込みご飯。

#16 産屋敷 耀哉(うぶやしき かがや) / 鬼滅の刃

産屋敷 耀哉(うぶやしき かがや)は鬼殺隊当主。隊員からは「お館様」と呼ばれ、彼は鬼殺隊の剣士たちを「自分の子供たち」と呼ぶ。代々短命の一族で病に冒され、顔面上部の皮膚が変質している。声質は「1/fゆらぎ」を帯び、聴く相手を心地よく高揚させる。我と個性が強すぎてまとまりがつかない「柱」達も、全員が彼を心酔し敬っている。鬼・禰豆子の存在を知りつつ炭治郎の行動を黙認していたが、柱たちの自主性・使命感からの反対意見を頭ごなしに否定することもなかった。最終的には禰豆子を組織的に認めるに至る。また、柱たちにも秘密裏に珠世の存在をも把握している。鬼舞辻と遠いところで血筋は繋がっており、自分たちの代で打倒することを使命としている。

#17 錆兎(さびと) / 鬼滅の刃

錆兎(さびと)は炭治郎の兄弟子。右頬に大きな傷跡が描かれた狐面をつけた、宍色の髪の少年。大岩斬りの課題が難航している炭治郎の前に現れ、半年間剣の訓練を施した。冨岡義勇とは同い年で、お互い天涯孤独の身であったことも相まって深い親交があった。

#18 鬼舞辻 無惨(きぶつじ むざん) / 鬼滅の刃

鬼舞辻 無惨(きぶつじ むざん)は千年以上前に生まれた最初の鬼とされる鬼達の絶対的支配者。性格は冷酷非情で自らの意志にそぐわない者は、人鬼問わず決して許さない。珠世からは「いつも何かに怯えている臆病者」と皮肉られる。いくつかの身分を使い分け、渡り歩く。日光の下を出歩くことはできず、病気などと理由をつけて偽装している。鬼殺隊の殲滅を狙うと共に太陽を克服する鬼と「青い彼岸花」を探している。

Add New Image

This field is required

画像をドロップしてください。

or

javascriptを有効にしてください。

URLから画像を取得する

画像の最大容量: 1 MB.

Processing...


鬼滅の刃
鬼滅の刃あらすじ

時は大正。山中にて炭売りを営む少年・竈門炭治郎は、母や幼い弟妹達を養いつつ、貧しいながらも平穏な暮らしを送っていた。だがある日、帰宅した炭治郎が見たものは、無残にも殺された母や弟妹達の姿だった。かろうじて息のあった妹・禰豆子を医者に運ぼうとする炭治郎だったが、禰豆子は凶暴な鬼と化してしまう。危機を冨岡義勇という男に救われた炭治郎は禰豆子をこのような姿に変えたのは「鬼」の仕業だと知らされる。わずかながら理性を残す禰豆子を元に戻すために炭治郎の果てなき旅が始まった。 少年は、修羅の道へ ただ最愛の妹のために―――

鬼滅の刃 好きなキャラクターのランキングの評価をお願いします!

20ポイント
Upvote Downvote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です