北野 武の映画のランキング

「アウトレイジ」や「ソナチネ」などの映画を製作した北野 武の映画を徹底ランキング!あなたが好きな北野 武の映画に投票してください。あなたが好きな北野 武の映画は何位ですか?

※ もしここに掲載されていないオススメの北野 武の映画がありましたらコメント欄などで教えてください。


#1 アウトレイジ 最終章 | 北野 武

アウトレイジ 最終章 | 北野 武

「アウトレイジ 最終章」は北野武の18本目の監督作品で「アウトレイジ」シリーズの最終作。前作主要キャストである西田敏行、塩見三省、松重豊らに加え、新たな主要キャストとして大杉漣、ピエール瀧、大森南朋、岸部一徳、原田泰造、池内博之らを起用している。配給はワーナー・ブラザース映画、オフィス北野。監督は北野 武。出演者はビートたけし、西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、大杉漣、松重豊、白竜、名高達男、光石研、原田泰造、中村育二、津田寛治、金田時男、池内博之、塩見三省、岸部一徳。公開日は2017/10/7。上映時間は104分。製作国は日本。

#2 アウトレイジ ビヨンド | 北野 武

アウトレイジ ビヨンド | 北野 武

「アウトレイジ ビヨンド」は北野武の16本目の監督作品でアウトレイジの続編。北野武監督作品では初の続編映画である。キャッチコピーは「全員悪人 完結。」「一番悪い奴は誰だ?」。配給はワーナー・ブラザース映画、マグノリア・ピクチャーズ。監督は北野 武。出演者はビートたけし、西田敏行、三浦友和、加瀬亮、中野英雄、松重豊、小日向文世、高橋克典、桐谷健太、新井浩文、塩見三省、中尾彬、神山繁。公開日は2012/9/3。上映時間は112分。製作国は日本。

#3 アウトレイジ | 北野 武

アウトレイジ | 北野 武

「アウトレイジ」は北野武の15本目の監督作品。ヤ*ザの世界で男たちが生き残りを賭け、裏切りや駆け引きなど壮絶な権力闘争を繰り広げる世界を描いている。キャッチコピーは「全員悪人」「下剋上、生き残りゲーム」。配給はワーナー・ブラザース映画、マグノリア・ピクチャーズ。監督は北野 武。出演者はビートたけし、椎名桔平、加瀬亮、三浦友和、國村隼、杉本哲太、塚本高史、中野英雄、石橋蓮司、小日向文世、北村総一朗。公開日は2010/5/17。上映時間は109分。製作国は日本。

#4 座頭市 | 北野 武

座頭市 | 北野 武

「座頭市」は北野武初の時代劇であり、盲目というハンデキャップを背負った「市(いち)」の活躍を描いた作品。日本国内の観客動員数は200万人で、北野映画最大のヒット作となった。映画のキャッチコピーは「最強。」。配給はオフィス北野 / 松竹、ミラマックス。監督は北野 武。出演者はビートたけし、浅野忠信。公開日は2003/9/6。上映時間は115分。製作国は日本。

#5 キッズ・リターン | 北野 武

キッズ・リターン | 北野 武

「キッズ・リターン」は北野武の6作目となる監督作品。高校生悪ガキコンビがボクシングに挑戦し、その過程と挫折を描いた青春映画。1994年のバイク事故で死に直面した北野武がブランクを経て撮影した復帰作である。事故が作品の世界観に大きな影響を与えている。俳優 安藤政信の出世作。映画評論家の淀川長治氏が絶賛した作品である。配給はオフィス北野、ユーロスペース。監督は北野 武。出演者は金子賢、安藤政信、森本レオ、石橋凌、山谷初男、モロ師岡。公開日は1996/7/27。上映時間は108分。製作国は日本。

#6 ソナチネ | 北野 武

ソナチネ | 北野 武

「ソナチネ」は「あの夏、いちばん静かな海。」に続く北野武の第四作目の監督作品。“死”をテーマに独特のユーモアと淡々としたリズムで描いている。音楽は「はるか、ノスタルジィ」の久石譲が担当。配給は松竹。映画のキャッチコピーは「凶暴な男、ここに眠る。」監督は北野 武。出演者はビートたけし、国舞亜矢、大杉漣、渡辺哲。公開日は1993/6/5。上映時間は93分。製作国は日本。

#7 龍三と七人の子分たち | 北野 武

龍三と七人の子分たち | 北野 武

「龍三と七人の子分たち」は北野武の17本目の監督作品。引退した元ヤ*ザの龍三親分がオレオレ詐*に引っかかったことから、昔の仲間 “七人の子分たち” を呼び寄せ、若者たちを成敗しようと世直しに立ち上がる姿を描いたアクションコメディ映画。配給はワーナー・ブラザース映画、オフィス北野。キャッチコピーは「金無し、先無し、怖いもの無し! ジジイが最高!!」「俺たちに明日なんかいらない!!」。監督は北野 武。出演者は藤竜也、近藤正臣、中尾彬、安田顕、品川徹、樋浦勉、伊藤幸純、吉澤健、小野寺昭、萬田久子、ビートたけし。公開日は2015/4/25。上映時間は111分。製作国は日本。

#8 アキレスと亀 | 北野 武

アキレスと亀 | 北野 武

「アキレスと亀」は「TAKESHIS'」「監督・ばんざい!」に続く、芸術家としての自己を投影した三部作の最後の作品である。タイトルの「アキレスと亀」の元々の意味は、俊足であるはずの人間が鈍足の亀と競争しても勝てないことを証明する数式上のパラドクスの意。配給は東京テアトル / オフィス北野。監督は北野 武。出演者はビートたけし、樋口可南子、柳憂怜、麻生久美子、中尾彬、大杉漣、伊武雅刀、風祭ゆき。公開日は2008/8/28。上映時間は119分。製作国は日本。

#10 監督・ばんざい! | 北野 武

監督・ばんざい! | 北野 武

「監督・ばんざい!」は北野武監督が自ら主演を務め、スランプに陥った映画監督の姿をパロディやギャグを散りばめながら描いた作品。配給は東京テアトル、オフィス北野。監督は北野 武。出演者はビートたけし、江守徹、岸本加世子、鈴木杏、吉行和子、宝田明、藤田弓子、内田有紀、木村佳乃、松坂慶子。公開日は2007/6/2。上映時間は104分。製作国は日本。

#11 TAKESHIS’ | 北野 武

TAKESHIS' | 北野 武

「TAKESHIS'」は北野武が監督を務めた12作目の映画。北野武が監督・脚本・編集・主演の4役をこなして、北野武とビートたけしの関係性を描いている。キャッチコピーは「500% KITANO」「たけしがたけしを演じる」「「たけし」が「たけし」に出会う」。監督は北野 武。出演者はビートたけし、京野ことみ。公開日は2005/11/5。上映時間は107分。製作国は日本。

#12 Dolls(ドールズ) | 北野 武

Dolls(ドールズ) | 北野 武

「Dolls(ドールズ)」は北野武監督第10作目の作品。近松門左衛門の人形浄瑠璃「冥途の飛脚」を舞台として3つの愛の物語を展開していく。配給はオフィス北野/松竹。キャッチコピーは「あなたに、ここに、いてほしい。」。監督は北野 武。出演者は菅野美穂、西島秀俊、松原智恵子、三橋達也。公開日は2002/10/12。上映時間は113分。製作国は日本。

#13 BROTHER | 北野 武

BROTHER | 北野 武

「BROTHER」は日本を追われ、米国ロサンゼルスに逃亡した日本人ヤ*ザ・山本とその一味が抗*の末、敗北して行く様を描いた作品。配給はオフィス北野/松竹、ソニー・ピクチャーズ・クラシックス。監督は北野 武。出演者はビートたけし、オマー・エップス、真木蔵人、加藤雅也、渡哲也。公開日は2000/9/1。上映時間は114分。製作国は日本。

#14 菊次郎の夏 | 北野 武

菊次郎の夏 | 北野 武

「菊次郎の夏」は遊び人の中年男と母親を探す小学生、不釣り合いなふたりが繰り広げる一夏の冒険を描いた作品。配給は日本ヘラルド映画、オフィス北野。久石譲が作曲した「Summer」は本来はサブテーマとして作られた曲だが、北野が気に入ったためメインテーマに採用された。監督は北野 武。出演者はビートたけし、関口雄介、岸本加世子。公開日は1999/6/5。上映時間は121分。製作国は日本。

#15 HANA-BI | 北野 武

HANA-BI | 北野 武

「HANA-BI」は妻や同僚の生と死を目の当たりにした、孤独な刑事の生き様を描いた作品。主演はビートたけし。キャッチコピーは「その時に抱きとめてくれるひとがいますか」。1997年ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞、サンパウロ映画祭バンデイラ・パウリスタ賞、ヨーロピアン・アカデミー賞スクリーン・インターナショナル賞受賞。配給は日本ヘラルド映画、マイルストーン。監督は北野 武。出演者はビートたけし、岸本加世子、大杉漣、寺島進。公開日は1997/9/3。上映時間は103分。製作国は日本。

#16 みんな~やってるか! | 北野 武

みんな~やってるか! | 北野 武

「みんな~やってるか!」は「北野武」名義で映画監督を行ってきたが、初のコメディ作品となる本作は「ビートたけし」名義での製作となっている。「女と*リたい」というモヤモヤした欲望から、主人公・朝男が異常な行動へ駆り立てられていくさまを描いた映画である。配給は日本ヘラルド映画。監督は北野 武。出演者はダンカン、白竜、ビートたけし。公開日は1995/2/11。上映時間は110分。製作国は日本。

#17 あの夏、いちばん静かな海。 | 北野 武

あの夏、いちばん静かな海。 | 北野 武

「あの夏、いちばん静かな海。」は北野武監督の3作目の映画作品。北野作品唯一のラブストーリーで、ある海辺の町を舞台に、聴覚障害者同士の青年と少女のひと夏の淡い恋をサーフィンを通して描いている。本作で初めて、音楽に久石譲が起用された。配給は東宝。映画のキャッチコピーは「浜辺に捨てられた折れたサーフボード、もう誰も振り向かなかったけど二人にとっては大切な宝物だった」「一生に一度、こんな夏が来る」。監督は北野 武。出演者は真木蔵人、大島弘子。公開日は1991/10/19。上映時間は101分。製作国は日本。

#18 3-4×10月 | 北野 武

3-4x10月 | 北野 武

「3-4x10月」は北野武の監督第二作目の映画でこの作品から北野武自身が脚本を手掛けるようになった。ふとしたことから巻き起こった草野球チームと暴*団との*争を描いている。映画のキャッチコピーは「軍団、野放し!」。配給は松竹。興行成績は、配給収入は2.3億。読み方は「さんたいよんえっくすじゅうがつ」。監督は北野 武。出演者はビートたけし、柳ユーレイ、石田ゆり子。公開日は1990/9/15。上映時間は96分。製作国は日本。

#19 その男、凶暴につき | 北野 武

その男、凶暴につき | 北野 武

「その男、凶暴につき」はビートたけしが北野武名義で初めて映画監督を果した作品。ヤ*ザに雇われた*し屋と、それを執拗に追う刑事との争いを描いている。「STAY GOLD ステイ・ゴールド」の野沢尚が脚本を担当。映画の挿入歌はトレイシー(「ガール・ユー・ニード」)。配給は松竹富士。興行成績は、配給収入が5億円。キャッチコピーは「コドモには見せるな……」。監督は北野 武。出演者はビートたけし、白竜、川上麻衣子、佐野史郎。公開日は1989/8/12。上映時間は103分。製作国は日本。

Add New Image

This field is required

画像をドロップしてください。

or

javascriptを有効にしてください。

URLから画像を取得する

画像の最大容量: 1 MB.

Processing...


北野 武の映画のランキングの評価をお願いします!

21ポイント
Upvote Downvote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です