黒澤 明の映画のランキング

「七人の侍」や「用心棒」などの映画を製作した黒澤 明の映画を徹底ランキング!あなたが好きな黒澤 明の映画に投票してください。あなたが好きな黒澤 明の映画は何位ですか?

※ もしここに掲載されていないオススメの黒澤 明の映画がありましたらコメント欄などで教えてください。


#1 羅生門 | 黒澤 明

羅生門 | 黒澤 明

「羅生門」は芥川龍之介の短編小説 「藪の中」と「羅生門」を原作とする映画。日本映画として初めてヴェネツィア国際映画祭金獅子賞とアカデミー賞名誉賞を受賞した。監督は黒澤 明。出演者は三船敏郎、森雅之、京マチ子、志村喬、千秋実。公開日は1950/8/26。上映時間は88分。製作国は日本。

#2 影武者 | 黒澤 明

影武者 | 黒澤 明

「影武者」は実在の戦国武将にまつわるエピソードを取り上げた作品で戦国時代に小泥棒が武田信玄の影武者として生きる運命を背負わされた悲喜劇を描いている。第33回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した。当時の日本映画の歴代映画興行成績(配給収入)1位を記録し、1983年に蔵原惟繕監督の「南極物語」に抜かれるまで破られなかった。監督は黒澤 明。出演者は仲代達矢、山崎努、萩原健一、根津甚八、油井昌由樹、隆大介、大滝秀治、桃井かおり、倍賞美津子、志村喬、藤原釜足。公開日は1980/4/26。上映時間は179分。製作国は日本。

#3 用心棒 | 黒澤 明

用心棒 | 黒澤 明

「用心棒」は時代劇に西部劇の要素を取り入れた映画であり、「椿三十郎」が続編にあたる作品。監督は黒澤 明。出演者は三船敏郎、仲代達矢、山田五十鈴、志村喬、司葉子、土屋嘉男、東野英治郎、藤原釜足、加東大介。公開日は1961/4/25。上映時間は110分。製作国は日本。

#4 隠し砦の三悪人 | 黒澤 明

隠し砦の三悪人

「隠し砦の三悪人」は黒澤監督初のシネスコープ作品。戦国時代を舞台に、敗国の侍大将が姫と軍用金を擁して敵国突破をする姿を描いている。監督は黒澤 明。出演者は三船敏郎、千秋実、藤原釜足、上原美佐、藤田進、樋口年子、志村喬。公開日は1958/12/28。上映時間は139分。製作国は日本。

#5 七人の侍 | 黒澤 明

七人の侍 | 黒澤 明

「七人の侍」は戦国時代を舞台とし、野武士の略奪により困窮した百姓に雇われる形で集った7人の侍が、身分差による軋轢を乗り越えながら協力して野武士の一団と戦う物語を描いている。ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞受賞。「七人の侍」は世界で最も有名な日本映画の一つであり、海外の多くの最高の映画のリスト(英語版)に選ばれるなど高い評価を受けている。監督は黒澤 明。出演者は三船敏郎、志村喬、津島恵子、木村功、加東大介、宮口精二、稲葉義男、千秋実、土屋嘉男、藤原釜足、高堂国典、島崎雪子。公開日は1954/4/26。上映時間は207分。製作国は日本。

#6 乱 | 黒澤 明

乱 | 黒澤 明

「乱」は黒澤明が監督した最後の時代劇映画で架空の戦国武将・一文字秀虎を主人公にその晩年と3人の息子との確執、兄弟同士の擾乱を描いている。監督は黒澤 明。出演者は仲代達矢、寺尾聰、根津甚八、隆大介、原田美枝子、井川比佐志、ピーター、植木等、田崎潤。公開日は1985/6/1。上映時間は162分。製作国は日本。

#7 まあだだよ | 黒澤 明

まあだだよ | 黒澤 明

「まあだだよ」は内田百閒の随筆を原案に、戦前から戦後にかけての百閒の日常と、彼の教師時代の教え子との交流を描いている作品。映画のキャッチ・コピーは「今、忘れられているとても大切なものがここにある。」。本作が半世紀以上の監督生活を全うした黒澤の遺作となった。監督は黒澤 明。出演者は松村達雄、香川京子、井川比佐志、所ジョージ、寺尾聰。公開日は1993/4/17。上映時間は134分。製作国は日本。

#8 八月の狂詩曲(ラプソディー) | 黒澤 明

八月の狂詩曲(ラプソディー) | 黒澤 明

「八月の狂詩曲(ラプソディー)」は村田喜代子の芥川賞受賞小説 「鍋の中」を原作とし、原*体験をした長崎の祖母と4人の孫たちのひと夏の交流を描く映画。映画のキャッチ・コピーは「なんだかおかしな夏でした…。」。監督は黒澤 明。出演者は村瀬幸子、吉岡秀隆、大寶智子、鈴木美恵、伊崎充則、リチャード・ギア。公開日は1991/5/25。上映時間は98分。製作国は日本。

#9 夢 | 黒澤 明

夢 | 黒澤 明

「夢」は黒澤明自身が見た夢を元にしている「日照り雨」「桃畑」「雪あらし」「トンネル」「鴉」「赤冨士」「鬼哭」「水車のある村」の8話からなるオムニバス形式の映画。監督は黒澤 明。出演者は寺尾聰、倍賞美津子、原田美枝子、根岸季衣。公開日は1990/5/25。上映時間は119分。製作国は日本。

#10 デルス・ウザーラ | 黒澤 明

デルス・ウザーラ | 黒澤 明

「デルス・ウザーラ」は1902年から10年のシベリア沿海地方シホテ・アリン地方を舞台にした作品で、ロシア人探検家ウラディミール・アルセーニエフによる探検記録「デルス・ウザラ」に基づいている。シベリアの広大な風景を背景にロシア人探検家のアルセーニエフと先住民ゴリド族の猟師デルス・ウザーラとの心の交流を描いている。監督は黒澤 明。出演者はユーリー・ソローミン。公開日は1975/8/2。上映時間は141分。製作国は日本。

#11 どですかでん | 黒澤 明

どですかでん | 黒澤 明

「どですかでん」は山本周五郎の小説「季節のない街」を原作とする映画。貧しくも精一杯生きる小市民の日常を明るいタッチで描いている。黒澤が木下惠介・市川崑・小林正樹と結成した四騎の会の第1作目の作品である。監督は黒澤 明。出演者は頭師佳孝、菅井きん、伴淳三郎、根岸明美、吉村実子、三谷昇、下川辰平、田中邦衛、松村達雄、奈良岡朋子。公開日は1971/1/21。上映時間は140分。製作国は日本。

#12 赤ひげ | 黒澤 明

赤ひげ | 黒澤 明

「赤ひげ」は山本周五郎の「赤ひげ診療譚」を原作とする映画。江戸時代後期の享保の改革で徳川幕府が設立した小石川養生所を舞台に、そこに集まった貧しく病む者とそこで懸命に治療する医者との交流を描いている。監督は黒澤 明。出演者は三船敏郎、加山雄三、山崎努、団令子、内藤洋子、桑野みゆき、香川京子、二木てるみ、根岸明美、頭師佳孝、志村喬、笠智衆、杉村春子、田中絹代。公開日は1965/4/3。上映時間は185分。製作国は日本。

#13 天国と地獄 | 黒澤 明

天国と地獄 | 黒澤 明

「天国と地獄」は黒澤 明がエド・マクベインの小説「キングの身*金」の影響を受けて映画化した作品。鉄橋を利用した現金受け渡しのシーンは秀逸で、実際にこれを模倣した誘*事件が発生した。毎日映画コンクール・日本映画賞などを受賞した。監督は黒澤 明。出演者は三船敏郎、仲代達矢、香川京子、石山健二郎、佐田豊、木村功、加藤武、大滝秀治、志村喬、三橋達也、伊藤雄之助、山崎努。公開日は1963/3/1。上映時間は143分。製作国は日本。

#14 椿三十郎(1962) | 黒澤 明

椿三十郎(1962) | 黒澤 明

「椿三十郎(1962)」は「用心棒」の続編ともいえる作品で、前作では桑畑を名乗った三十郎が椿三十郎として活躍する時代劇映画。監督は黒澤 明。出演者は三船敏郎、仲代達矢、加山雄三、小林桂樹、志村喬、藤原釜足、土屋嘉男、田中邦衛。公開日は1962/1/1。上映時間は96分。製作国は日本。

#15 悪い奴ほどよく眠る | 黒澤 明

悪い奴ほどよく眠る | 黒澤 明

「悪い奴ほどよく眠る」は黒澤 明が東宝より独立して創始した黒澤プロの初作品。父を*した現代社会の機構の悪にいどむ男の物語を描いている。監督は黒澤 明。出演者は三船敏郎、森雅之、香川京子。公開日は1960/9/15。上映時間は150分。製作国は日本。

#16 どん底 | 黒澤 明

どん底 | 黒澤 明

「どん底」はマクシム・ゴーリキーの同名戯曲「どん底」を原作とする作品で舞台を日本の江戸時代に置き換えて貧しい長屋に住むさまざまな人間の人生模様を描いている。監督は黒澤 明。出演者は三船敏郎、山田五十鈴、香川京子、中村鴈治郎。公開日は1957/9/17。上映時間は125分。製作国は日本。

#19 生きる(1952) | 黒澤 明

生きる(1952) | 黒澤 明

「生きる(1952)」は東宝創立20周年記念映画。無為に日々を過ごしていた市役所の課長が、ガンで余命幾何もないことを知り、己の「生きる」意味を市民公園の整備に注ぐという物語を描いている。監督は黒澤 明。出演者は。公開日は1952/10/9。上映時間は143分。製作国は日本。

#20 虎の尾を踏む男達 | 黒澤 明

虎の尾を踏む男達 | 黒澤 明

「虎の尾を踏む男達」は黒澤初の時代劇映画。能の「安宅」を下敷きにした歌舞伎「勧進帳」を題材に、義経・弁慶一行の安宅の関所越えを描いた作品。監督は黒澤 明。出演者は大河内傳次郎、藤田進、榎本健一。公開日は1952/4/24。上映時間は59分。製作国は日本。

#21 白痴(1951) | 黒澤 明

白痴(1951) | 黒澤 明

「白痴(1951)」はドストエフスキーの小説 「白痴」を原作とした作品。原作は1868年のロシアを舞台としているが、本作品では昭和20年代の札幌に置き換えられている。監督は黒澤 明。出演者は森雅之、原節子、久我美子、三船敏郎。公開日は1951/5/23。上映時間は166分。製作国は日本。

#23 野良犬 | 黒澤 明

野良犬 | 黒澤 明

「野良犬」は終戦直後の東京を舞台に、拳銃を盗まれた若い刑事がベテラン刑事と共に犯人を追い求める姿を描いた黒澤監督初のサスペンス映画。監督は黒澤 明。出演者は三船敏郎、志村喬、淡路恵子、木村功。公開日は1949/10/17。上映時間は122分。製作国は日本。

#26 素晴らしき日曜日 | 黒澤 明

素晴らしき日曜日 | 黒澤 明

「素晴らしき日曜日」は敗戦直後の東京を舞台に、貧しさに立ち向かう恋人の姿を描いた作品。ヒロインがスクリーン中から観客に向かって拍手を求めるという実験的な演出が行われている。監督は黒澤 明。出演者は沼崎勲、中北千枝子。公開日は1947/7/1。上映時間は108分。製作国は日本。

#27 わが青春に悔なし | 黒澤 明

わが青春に悔なし | 黒澤 明

「わが青春に悔なし」はフ*シズムの時代の中で自らの信念に基づいて生きる女性の姿を描いた作品で「自我の確立」をテーマに据えている。監督は黒澤 明。出演者は原節子、大河内傳次郎、藤田進。公開日は1946/10/29。上映時間は110分。製作国は日本。

#29 一番美しく | 黒澤 明

一番美しく | 黒澤 明

「一番美しく」は第二次世界大*中に、軍需工場で働く女子挺*隊員達の姿を描いたヒューマンドラマ。21名の女優を実際にロケ地の日本光学工業に入寮させ、工員同様の生活を行わせて撮影した。監督は黒澤 明。出演者は矢口陽子、入江たか子、志村喬。公開日は1944/4/13。上映時間は85分。製作国は日本。

#30 姿三四郎 | 黒澤 明

姿三四郎 | 黒澤 明

「姿三四郎」は富田常雄の同名小説を原作とする黒澤明の監督デビュー作品。主人公の三四郎が数々の試練を乗り越えて一人前の柔道家になっていく姿を描いている。娯楽の少ない戦時下の大衆に受け入られ、大ヒットを記録した。監督は黒澤 明。出演者は大河内傳次郎、藤田進、轟夕起子。公開日は1943/3/25。上映時間は97分。製作国は日本。

Add New Image

This field is required

画像をドロップしてください。

or

javascriptを有効にしてください。

URLから画像を取得する

画像の最大容量: 1 MB.

Processing...


黒澤 明の映画のランキングの評価をお願いします!

21ポイント
Upvote Downvote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です